SENDAGAYA LITTLE PUMPKINS

YUKA NAITOU

MOTTO
“日々、全力投球!!”
  • いつ入社しましたか?

    2015年
  • 施設の雰囲気を教えて!

    園見学に行った際に、先生方が明るい雰囲気で保育をしているところが印象的でした。
    法人内でいろいろな研修を行っているので、スキルアップができるところにも魅力を感じています。
    入社後は優しい先生方に恵まれ、困ったことがあると親身になって相談に乗ってくれます。
  • あなたが目指す
    カッコイイ大人像

    自分のことだけでなく他の職員にも目を向けることができるような人になりたいです。勤務が終わった後は、仕事以外の話なども自然とできるような信頼関係が築ける先輩になりたいと思っています。
  • Q どんなお仕事をしていますか?
    法人内では、人材育成チームに所属しています。
    他園の先生と集まり、人間力向上のための研修や後輩指導について意見交換をしています。
    そこで学んだ内容を現場でも活かせるように後輩との関わりを大切にしています。
    相談に乗るときには、その人にわかりやすく丁寧に指導することを心がけています。
    またリーダーの先生のサポートを行い、クラスの保育がよりよくなるように努めています。
  • Q このお仕事を選んだ理由は何ですか?
    小学生の頃から、いとこのお世話をすることが好きだったので、保育の道に進みたいと思いこの仕事を選びました。
  • Q お仕事の魅力(どんな時にやりがいを感じますか?)
    子ども達が毎日の積み重ねでいろいろなことが一人でできるようになり、
    苦手なことを一生懸命練習して出来るようになった時にやりがいを感じます。
    また保護者の方から行事の時に
    「いつもありがとうございます」
    「こんなにできるようになったのも先生方のおかげです」と、
    感謝のお言葉をいただけることがすごく嬉しく、これからも仕事を頑張ろうというエネルギーにかわります。
  • Q お仕事をしている中で大変なところは?
    子ども達は、集中力が持続できず飽きてしまうことがあります。
    集まりの際に興味を持てるように子どもを引き付ける引き出しをいろいろと用意しておかなければならないことが少し大変です。
    しかし、事前準備を十分にすることで、子ども達がみんな興味津々で楽しそうに参加してくれる姿を見ると嬉しくなり、もっと引き出しを用意しておきたいという想いに変わります。
  • Q お仕事をはじめて変化したことはありますか?
    自分の良いところをたくさん見つけて褒めてくださるので、仕事に対して「もっと頑張ろう!」という想いになります。
    自分も相手の良いところを見つけて伝えることをこの法人に就職して意識するようになりました。
  • Q お仕事中にあった印象的なエピソードを教えて下さい。
    年長担任時に運動会の練習で『ソーラン節』をしていた時のこと。
    ある日練習になかなか身が入らず、話をして遊んでいる子が多く、一度練習をやめて話し合いをすることにしました。
    「何のために練習しているのか?」「どんなところを見て欲しいか?」ということと、私の気持ちも伝えました。
    伝えていると一人の子が涙をこぼしはじめ、それを見て他の友達も次々に泣いてしまい・・最後には私も含めてクラスみんなで涙を流して気合いを入れ直しました。
    その後の練習では、みんなで力を合わせて全力で汗を流し、本番では見事大成功。
    たくさんの観客の方から拍手をもらい、子ども達もとても嬉しそうでした。
    この運動会で、子ども達との絆が深まりました。また一つ成長した姿を見ることができたことが印象的なエピソードです。
  • Q 今後の目標(今後、どうなりたい?)
    この園に就職する前に幼稚園で3年間働いていたので、幼稚園教諭の経験を生かして、
    幼稚園の良さと保育園の良さを融合させた保育士になりたいと思っています。
    また保護者の方や職場の先生達に信頼してもらい、自分のことだけでなく他人のことにも目を配り、
    さまざまなことに気付ける保育士になりたいです。
    相手の気持ちをしっかりと理解できて悩みを気軽に相談できるような存在を目指して頑張ります。

MESSAGE

共に育ちあいましょう!

子ども達の成長や頑張りを間近で見て一緒に成長していきましょう。
子どもだけでなく大人も成長するチャンスなので一緒に働けることを楽しみにしています。